人生寄り道の連続

幸せとは何か、心の底から笑顔になれる日まで!

信用とか信頼とか。なにもの。

こんばんは、くろねこです。

なんだかなー。人を信用するということは難しい。実に難しい。信用したら、不安になったり不安にさせられたり。裏切られるのが怖いからかなぁ。自分に自信がないからかなぁ。自分が自分を信用していないから?なんかよく分かんない。そういう1日になりました。うーん。不安で仕方ない。

今さら『多動力』。

こんばんは、くろねこです。

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

 

みなさん、ご存知の通り、堀江貴文さんの『多動力』です。内容については詳しく触れません。個人的な感想です。

ホリエモンを避けていた自分。

正直、自分の好きなことだけをやれる人なんて、ほんの一握りで、ある程度の才能に恵まれているからできることだと思っていました。ホリエモンはいとも簡単に、誰でもできる、やってみればいい、というけれど、それはホリエモン自身に才能が溢れているから、特別だから簡単に言えるものだろと、どうしても共感できない自分がいました。昔のメディアのイメージも強く、気になりながらもなかなか書籍を手に取ることもせず、動画もSNSなんかも避けていました。

追い詰められて、何でもいいから縋り付きたかった自分。

ただ短い人生を生きてきた中で、こうやってどん底に落ちて、やる気も出ないし何から始めていいかわからないしで、どんどん底なし沼に落ちていく自分。ただきっかけになれば何でもよかった。”仕事” ”辞めたい” ”人生” ”自由”とかそんなキーワードを並べてネットでフラフラしていた時にYouTubeだったかな、本当にたまたまだったんです。”ホリエモンチャンネル”を拝見する機会がありました。これがなかなかの衝撃で。今まで軽い拒絶反応を示していた自分が、ホリエモンの話を聞くだけで、”何かやらなきゃ、じっとしている時間が勿体無い”と思わせてくれたんです。暗闇の中に一筋の光!みたいな。それからというものホリエモンチャンネルを見まくって、ついに『多動力』を手にすることに。

www.kuronek0v.com

やるなと書かれていることをご丁寧にやっていた自分。 

まぁ堀江先生には見抜かれていましたね。これに関しては薄々気づいていました。本当にこれでいいのか、と自分で自分に問いかけることもありました。でも、自分にはこの方法しかないと思い込んでいただけ。過去の経験則に沿って身を任し、コツコツ真面目にやっていた。石の上にも3年だ、何年だの、諦めずに取り組むことが重要だと。自分達が戦うべきこれからの社会では過去のことは過去のこと。現在、そして未来に向けて通用する方法に変えていかなければと、そう思わせてくれました。

変わりたいと思う気持ちがあるなら、選り好みせずに一度は手にしてほしい『多動力』。

堀江さんに関しては、過去の報道やメディアイメージが先行して、断片的な姿しか見えていない人も多い気がします。私もその一人です。もちろん、堀江さんが発するSNSや書籍など、すべてに目を通したからといって、堀江さん全てを知るということはまずできないと思います。こればっかりは人間誰しもそう。その人全てを知るというのは、本人でさえも難しいこと。だけど、堀江さんは、変わりたいと思っている人の背中を押してくれる、エネルギーを持った人であるのは確かだと思います。『多動力』。とても読みやすく、考えさせられる良本だと感じます。

 

今日はここまで。また、堀江さんに対する熱が溢れ出したら加筆いたします。

健康第一。身体が弱ると心も弱る。

こんばんは、くろねこです。

f:id:kuronek0v:20170904233225j:plain

毎日続けていたブログの更新が、昨日途絶えてしまいました。無念…。ただ、あえて理由を書かせていただくと、日曜日にも関わらず病院のお世話になってしまいまして。これには私も予想外で目が覚めた病院で動揺してしまいました。気づいたら病院ってあるんですね。

”お付添の方はいますか”と言われ現実を思い知る。

ある程度病院で休ませてもらい、帰宅許可をもらった時に看護士さんに言われた。おひとりさまのメリットって自由にできることだけど、こういう時辛いものですね。体が痛いとかじゃなく、自然とすーっと涙が。今後大きな病気になった時に、同じ気持ちになるんだろうなと思い知らされたわけです。あと、いきなり搬送されて、色々検査して、大きな異常がなくても結構なお金取られました。いや、むしろ助けてもらったのだから感謝の気持ち以外の何物でもないんですが、こういう時お金って大切だなと感じましたね。自由に使えるお金があってよかった。保険が効くというのは有難い。

回復に向かっていたメンタルヘルスの闇が動きだす。

タクシー呼んでなんとか帰宅しまでして、とにかくしんどかったのでここ二日ずっとベッドで寝てました。せっかく心が落ち着いてきたところだったのに、自力出歩けないわ、会社に行けないわ、頭痛いわ、気持ち悪いわで情緒が安定しない。健康って大事ですね。体調に引きづられて、気持ちも沈んじゃったりして。ちょっと心に甘えが。強くあろうと心に決めていたのに。改めて、健康管理しっかりしようと思いました。

会社に守られていると感じた。

目指せ脱サラリーマンは進行中です。

www.kuronek0v.com

でも、今日さすがに会社に行けないとお休みいただきましたが、こうやって会社休んでもお給料もらえるっていうのは、完全に会社に守られていますよね。まぁサラリーマンの権利でもありますが。昨日ブログを更新できなかった時点で、もし、自分がブロガーなりなんなり、フリーランスを生業としていたら、お給料ゼロだなと思ったり。体を壊した時には会社という組織は有難い制度なのかもしれません。

体調管理を怠らない。

当面おひとりさまで生きていくと決めたからには、自分の管理には最新の注意を払おう。脱サラするなら、それなりの蓄えと危機管理に備えよう。今回の教訓です。こんな大事なことでさえも最近すぐ忘れちゃうんだよな。備忘録的に記しておく。あー。頭痛い。

 

 

 

ミニマリストと逆行する購買意欲

こんにちは、くろねこです。

f:id:kuronek0v:20170902172720j:plain

最近頻繁に【ミニマリスト】の文字に触れることが増えたのですが、いつからこう取りだたされるようになったんでしょうか。

ミニマリストへの道。

早速興味が湧きまして、ミニマリスト化した自分を想像。さっぱりとしていて心地よさそう・・・ふと部屋を見渡すと、なんか汚い。部屋が荒れている。モノで溢れている…。今では使わなくなったモノたちが部屋で思う存分遊んでおりました。

満たされない気持ちの表れ。

この部屋を占領している子たちを眺めてみると、完全に衝動的に買ったものがほとんど。そして、それらを買うことになった背景なりを思い返してみると精神的に不安定たっだ時に買ったものでした。不安な気持ちを埋めるかのように、モノを買い、その行為で自分の心を満たしていたんだと思います。

形に残るものならまだマシ。消耗品にいくら費やしたことか。

こうやって部屋の中にあるものならまだいいです。今では【メルカリ】など、売ろうと思えば簡単に売れる時代です。ただ、私の悪いところはモノ以上に消耗品に費やしてしまうところ。例えば、

  • ちょっと高めのランチやディナー
  • 美容室やネイルサロン、整体やマッサージ
  • サロン仕様のコスメ(シャンプーや基礎化粧品etc.)

こんなことに使ってしまったらキリがありません。しかも形に残らないからたちが悪い。売るにも売れない。負の連鎖ですね。これに関してはモノを買うわけではないのでミニマリストの概念から外れるわけではありませんが、購買意欲をコントロールできていない。完全にその時の衝動で、カード、切っちゃってます。

自制心と判断基準を持つ。

このままいくと破産です。最近ではお遊びがてらはじめたFXでプラスになった時にだけ、お金を使って良いという風に自分にGOを出すようにしています。

www.kuronek0v.com

 FXのプラス分は元々手元に入るはずのなかった臨時収入という認識です。もちろんプラス分を全て使ってしまうのではなく、ご褒美的な位置付けでそのいくらかをお小遣いに回そうとやりくりしている次第です。今まではご褒美だろうがなんだろうが、欲しい時に買っちゃってたので。まだ購買意欲と精神面を上手くコントロールできていない自分がいます。そのコントロールが上手くできるまでは、自制する手段と、買う買わないの判断要素としてFXを指標的に使おうかなと思っています。

資金運用がうまくできれば、ミニマリストへの道も開けてくるはず。

お金に関しては、【Money Foward】で一括管理中です。

あまり管理が得意ではないので、バラバラにあるお金の出どこを、一目で管理できるのは有難い。使い過ぎにも気づけるし月別推移も見れるから、さすがの私も自制しなければと心に響くものがあります。そして要らないものは【メルカリ】で売る。 

 そうすれば、お金を得ることだってできるし、身の回りの不要なモノたちも減っていく。交渉術やアピール力も身についてくれれば、今後脱サラした時に何かの役に立ってくれるでしょう!

www.kuronek0v.com

これで私の想像しているミニマリストへの道が開けるはず!おしゃれで日常感のないお部屋に改造したいなー‼︎

 

【honto】最近読書が捗る。紙派から電子書籍派へ。

こんばんは、くろねこです。

f:id:kuronek0v:20170902001602j:plain

華金だー!華金って死語ですか?やっぱり金曜日の夜は一番解放される。今日は雇用統計やら経済指数発表やらで、為替に躍らされたけど。

本を借りたり買ったりするのは好き。でも読むのは苦手。

もともと本を読むのは得意ではないです。どうも続かないというか。小中学校のころは、”図書館便り”というものがあって、毎月何冊借りたかランキング付けされるんだけど、それに載りたいがために本を借りまくっていたくらい。もちろん中身は読んでいないです(笑)。たまに本を買ったりすることもあったけど、何度も読み返したりするわけでもなく1回限り。所詮読書に対する熱量というものはその程度。どちらかというと外で動く方が好きだったし、そこまで読書に興味がなかった。でも最近あまりヒトと話さなくなったせいか(笑)、外に情報を求めるようになって、そのツールとして本を選ぶようになりました。

電子書籍の魅力に気づく。

あまり読書をしないとしても、本も読むとしたらもっぱら紙派で、ペラペラめくるあの感じが好きだった。ただ、たまたま本屋に行って本を購入しようとレジへ向かうと、”電子書籍もやっています!アプリもお試しあれ!!”的なポップがあったので、何気ない気持ちで登録。

honto電子書籍リーダー

honto電子書籍リーダー

  • Dai Nippon Printing Co., Ltd.
  • ブック
  • 無料

するとこれがなかなか優秀で。この【honto】、何が一番良いかというのも定期に割引クーポンが入手できるという点。しかも30%OFFとかかなりの頻度で入手できる。そして手軽さ。これはどの電子書籍でも共通するが、店頭に行かなくてもどこでもボタン一つで購入できる点と、どこでも読書できる点。紙だと持ち歩きも不便で、家に置きっぱなしの結果、気がつけば読まなくなっていたということがよくあった。その点電子書籍はこの身軽さが何ともGOOD!どこにいても、どの本でも読めちゃうところが素敵。今回他のリーダーと比較した結果【honto】を登録したわけではないけど、後々調べてみるとクーポンとかの観点からいうと、かの有名な【Kindle】より良いと思う。洋書とかがお好きな方は【Kindle】がいいのかな?

Kindle

Kindle

  • AMZN Mobile LLC
  • ブック
  • 無料

読書の秋に突入。

書籍の一括管理に拘っていないのであれば、いろいろな電子書籍サイトを使いこなす方が、各々キャンペーンをやっているようなので金銭的にはよりお得なんだと思う。でもやっぱり購入した本が一箇所に管理されているというのは、気持ちいもの。収集癖がある私にとってはコレクション欲を満たしてくれるし、携帯の中に書籍がずらりと並んでいること自体で読書欲が出てきたり(単純ですみません……)。外も少しずつ涼しくなってきた。最近引きこもりがちだったから、たまには外に出て自然に囲まれながら読書をしてみるのもいいかも。海とか山とか。まずは身近な公園かな。おひとりさまライフの一つに加えよう。

 

サラリーマンと海外出張〜想像力を働かせる〜

こんばんは、くろねこです。

f:id:kuronek0v:20170831213312j:plain

東京オリンピックまでにサラリーマンを卒業しようという思いは変わらず。ただ、それなりの会社に勤めているのだから、使えるものは使ってやろうという意気込みでモチベーションを保つことにシフトしてみた。今まではこの会社に定年まで務めるんだと自然と思い込んでいたけど、いつか辞める仕事なんだと考え方を変えることで気持ちも楽になった。おそらく今回の海外出張だって、会社にとったら無駄遣いの部類だと思う。でもそこに便乗。経費で外の世界を見れるなら存分に満喫しよう。

 

あえて追い込むことにした。

出張は準備も移動も精神的にも、日常と違うから負担にはなる。でも、ある意味”非日常”を体験できるのも魅力。いつもと同じデスクワークではなくて、ちょっとしたハプニングやイレギュラーなことも含めて刺激になる。そういう時に人間底力ってものが発揮できたり、普段気づかない自分の強みに出会えたりするよね。今回に限っては、4-5カ国は周る予定。海外旅行は好きだけど、英語はもっぱらダメ。まずは自己紹介から始めないと、とてもじゃないけどせっかくの出張を活かせない。どうせ行くなら意味のあるものにして帰ってこよう。

とっさの会話ができるまで。

とにかく英語。あと1ヶ月で何ができるか。”1ヶ月しかない”と考えるか、”1ヶ月もある”と考えるか。とりあえず簡単な英語から始めることにした。メールでも電話でもとっさの一言が出てこない。結局、google先生に頼って、翻訳機にかけまくったり、サイトに落ちている例文をそのままコピペしてその場を凌いでいる。出張となったらそうはいかない。”1ヶ月もある”と考えてお勉強中である。まだ始めたばかりだけど、下の2冊はとっかかり易くて、飽きっぽい自分に合っていた。難易度も高くないし、英語に拒絶反応をもつ私でも、今のところ読み続けられている。気分的にちょっと英語に触れたくない、もう頭の中で英文を考えたくない!と思った時には、ただの普通の読み物だと思って、流し見するのもよし。そうやって普通に読んでいると、頭が慣れてきて、あるタイミングで、『よし、ちょっと自分で英文考えてみるかな』とやる気を導き出してくれた。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

 
会話もメールも 英語は3語で伝わります

会話もメールも 英語は3語で伝わります

 

 

進化した自分を想像する。

基本的に気分屋なのでやる気が出ないと物事に取り組めない。そして続かない。でも、今回の海外出張の件を受けて、英語を話してバリバリ仕事をする自分を勝手に想像してみると案外やる気が湧いてくることに気づかされた。こんなに今まで英語から逃げてきたのに。想像力って大事。進化した自分って未知数だよね、ちょっと夢がある。あと1ヶ月。出張が終わった時の自分の変化を楽しみに、今は英語と向き合ってみる。

 

 

 

FXを始めた理由〜恋愛も人生も、見直すきっかけをくれた〜

こんばんは、くろねこです。

f:id:kuronek0v:20170830234800j:plain

多少のことで動じなくなった。

本日は私がFXを始めた理由について。自分への戒めても含めて書き留めておく。元々小心者。FXなんて怖てできなかった。というか、まず、口座を開設するということは個人情報を少なからず第三者に開示するわけで、それ自体に抵抗があった。正直、ブログやSNSでさえ、名前やメールアドレスで登録していくことも気が進まなかった。ネット上で個人情報をやりとりすることが不安で仕方なかった。でも、今となっては、こうやってブログも書き始めた。公開範囲だって制限していない。個人情報というものに対して警戒心を抱かなくなったことは、良いのか悪いのかわからないが、少なからず自分の世界は広げられていると思う。まぁ自分に価値を見出せなくなったから、自分の個人情報なんてっていう半ば投げやりな気持ちもあったんだけど。結果的にはこうやってブログを書きながらの片手間でトレードしてる。多少の負けも気にならなくなった。ローソク足が上下することに一々動揺しなくなってきた。まだ新米中の新米だけど、度胸はついた。

最初から負け試合だったのに気づけなかった代償。

そもそも俗に言う失恋にも値しない。完全な負け試合に本気になっただけ。ここ1年、ただ毎日を悶々と、自己嫌悪になりながら、ベッドにゴロゴロしては、悲劇のヒロインぶって毎日泣いていた。寝る直前まで泣いて、夢の中でも泣いて、目は腫れるし、気持ちは晴れないしで、今考えると不毛な時間だった。あの時間でもっと自分にとってプラスになることができただろう。ずっと自分の狭い世界でしか物事を見れていなかった。軽い洗脳に近いものだった。本当はずっとその洗脳に浸っていたかった。でもその洗脳も、悲しいことにもう解け始めているのかもしれない。あんなに自分の全てを投げうったのに。今まで積み重なったものがぷつっと切れてしまった。最初から勝ち目なかった。

空っぽになった自分を埋めるかのように手をつけたFX。

毎日思い出しては、悲しくて悔しくて。そんな自分が嫌で、少しでも考えないように、脳ミソに考える隙を与えないようにと考えたのがFXだった。もともと興味もあったし、社会情勢も知れるし、一石二鳥かなと思って始めた。これがなんともプラスに働いた。自分で言うのもなんだが、FXと言う選択は非常に合理的だったと思う。会社に行くのも辛くて平日が嫌で仕方がなかった。でもFXは平日しかできない。だから、FXを始めてからは平日も待ち遠しいと感じることができた。通勤時間も退屈もしない。そして取り敢えず頭を使っているから、寂しいと思う感情を与える隙がない。そしてお金に興味を持つことができて、生きること、働くことについて考えるようになった。自分の存在価値について疑問を持ち、本も読むようになった。”お金のために動かされる”のではなく、”お金を動かしてどう稼ぐか”と言うことを考えるようになった。まさに金持ち父さんの発想。これは是非読んでほしい。FXを始めなければこんな本手にもとりはしなかった。

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

 

FXは 自分の人生を見直すきっかけを作ってくれた。

正直まだコツも掴めていないし、若干ギャンプル的要素でハマっている可能性も否めない。でも。それでも暗闇の中の私に、外の世界を見せてくれたのはFXだった。今はまだお勉強中。取っ掛かりとして読んだのはこの本。とても簡単に書いていて、タイトル通りど素人にはぴったりの本だ。

超ど素人が極めるFX

超ど素人が極めるFX

 

よく失恋は成長させてくれると言うけど、 今回の傷はなかなかのモノで、リアルに消えてしまいたいと思うくらい沈んでいた。元々感情に左右されやすい性格も消えたい症状を加速させた。でもね、FXをやってると多少のことじゃくじけなくなってくるよ笑。多少ローソクが意に反する動きをしても、結果的に回収できればいいんだから。今回の失恋だって、傷の深さはたまったもんじゃないけど、結果的に、人として成長できればいい。そう思わせてくれた。あとは、FXでも人生でも大負けしないように知恵をつけて賢くなる。そうして見返してやる。