人生寄り道の連続

幸せとは何か、心の底から笑顔になれる日まで!

簿記の勉強が楽しすぎてハマってる自分がいる。まるで計算ドリル。

f:id:kuronek0v:20210420230535j:plain

こんばんは、はりねずみです。

最近は簿記の勉強にハマっております。

なぜ唐突に簿記か。

それは復職に向けてのリハビリ兼ねて頭を使ってみようと思ったからです。(笑)

 

簿記3級であれば、比較的簡単な算数をベースに取り組めるんじゃないかなーという甘い期待と、

勉強をして、あわよくば試験に受かったりしたら、

資格も取得できるし、

自分自身にも自信がつくし、

なんなら会計知識の基礎も身に付くで、

一石何鳥くらいのメリットがあるんじゃないかと思ってやってみました。

(考えが甘くみてすみません)

でも、ちゃんとそれなりに勉強はやってます。

 

まだ勉強して1週間経ってないけど、

このペースであれば、残り2日あれば、テキストと問題集は1周できる予定。

ちなみに今回相棒として選んだテキストと問題集はこちら。

独学で勉強するに当たってはテキスト選びが重要だといろんなサイトで言われていたので、本屋さんにも実際に足を運んで見比べた結果、この相棒に決めました。

 

一般によく勧められているのはTAC出版が出している「スッキリわかるシリーズ」とか「みんなが欲しかった!シリーズ」なんだけど、要点が絞られているという点ではかなりメリットは大きいと感じたものの、的を絞ってとにかく試験に受かることを重視していてそこまで本質的な解説がないというレビューもあって、

じゃぁ、今回私がやりたいことってなんなんだっけ?って考えた時に、

試験に合格が最終ゴールではなくて、その先も見据えて、しっかり会計知識を身につけておきたいなと思ったので、ザ・教科書的な「合格テキストシリーズ」を選択。

 

でもこれが非常にわかりやすい。

超絶簿記初心者だけれども、読んだだけで比較的頭に入ってくる。

 

今まで仕事で使ってきた言葉とか、今更ながら「あー、こうゆうことだったのね」って気づくことも多くて。

いかに今まで知識不足中で仕事してたんやなと痛感(笑)

そりゃ、分からないことに囲まれて突き進もうとしたら病むわとも思ったw

 

とりあえず今のところ勉強の方は順調。

今簿記はネット試験に対応していて、いつでも試験を受けられるとのことなので、一応お尻を決めておいたほうが勉強もだらけないと思って1週間後に簿記3級のテストを受けることにしました。

 

あ、ちなみに電卓も奮発して買っちゃいました。

電卓って高いのね・・・でも、今後3級、2級って言う風にステップアップも見据えて先行投資と言うことでそれなりに長く使えるものを選びました。

電卓ってものによってキー配置が違うらしいから、一度使ったら指が慣れた後にコロコロ変えるのもナンセンスだし。

今まで電卓なんでこのご時世誰が買うんだろうかと思ってたけど、

こうやって簿記試験やその他会計関連の試験を受けようとする人にとっては必需品なんだね。通りでよく売れてると思ったわ。

←少しせどりの勉強もしてたから、電卓がやけに売れ筋商品であることは認知してたんだけど、まさかのここで点と点が繋がりました。

勉強してから2週間で試験っていうハードなスケジュールだけど、

実力試しってことで、とりあえず受けてきます。

 

 

本を読むことで他人の知識を簡単に手に入れる。けど活用できるかどうかは私次第。

f:id:kuronek0v:20210416183944j:plain

こんにちは、はりねずみです。

先日今更ながら「ゼロ秒思考」や「人生を変えるモーニングメソッド」に感化されたわけなんだが、

www.kuronek0v.com

 

今日は今読んでいる本が、

これまたなんとも私の悩みにがっちしすぎていてドンピシャだった。

タイトルがなんとも長いんだが、

もし、このタイトルの文字通りの悩みを抱えている人がいたら、まず読んだ方がいい。

私もこれまでこの類の本は色々読んではきたが、

  • 結論から述べよ
  • 理由を述べるときは3つに絞る
  • MECEに組み立てる etc...

と、大体似たようなことが書いてある。

私の場合、実践しようと思っても、

実践手前で、そもそも私に足りないものがある気はしていた。

その「何か足りないもの」というところから、

気づかしてくれて、かつ、丁寧に書いてくれていた。

 

対話形式で進んでいく話なんだが、主に主人公のサラリーマンとそのサラリーマンが学生だった頃の恩師(マーケティング系を専門とした教授)とのやりとり。

サラリーマンのお悩みに恩師が答えていくような形で物語が進んでいくのである。

 

対話形式と聞くと、巷にある本でも

そういう本はあるじゃないかと思うだろうが、

この主人公の悩みがなんとも

グサグサ突き刺さってくるわけで。

 

なんか今まで私が仕事をしていたところを

後ろからずっと見ていたんじゃないかと思うくらい悩みが酷似している。

 

絶賛休職中でもあるので、

少々思い出されるのは辛いところではあるが。

 

でも、これからまだ何かしらの形で仕事はしていかないと食べていけないわけで、

この書く力や伝える力って、どこに行っても必須だと思ってる。

 

だからこそ、

今、時間がある時にじっくり向き合って

少しでも改善した状態で

また土俵に立ちたいという思いで手を取ることにしたのである。

 

本は5日間で段階を踏んで脳を鍛えていく方法が記載されている。

 

特に印象的だったのは、初日のトレーニングとして記載されていた、

頭の中にあるものを知る

ということ。

 

これがまさに。

私が常々「何か足りていない」と感じていたのものだった。

 

情けない話、

咄嗟に何か質問をされたり、メールやチャットがきても、

思ったことがすぐ言葉にできないのである。

 

ビジネスマンとして致命的・・・(涙)

 

でもこの初日のトレーニングは

5つの方法で、まず頭を起こすところから始めてくれている。

これが一番私にとって有り難かった。

 

昨日から読み始めたが、

早速、「ゼロ秒思考」とともに、

毎朝の習慣、そして、暇さえあれば、

リハビリ兼ねて、ぶつぶつこの5つのトレーニングを実践中。

 

いつ復職するときがくるか、

はたまた退職するという決断をして、

今までとは異なる道を歩み始めるかは分からないが、

少なくとも、「伝える力」を鍛える期間として

この時間を大切に使いたいと思った。

職場で男女仲良くしていたら不倫を疑われた話①

f:id:kuronek0v:20210414143817j:plain

こんにちは、はりねずみです。

 

今日はタイトルの通り、

職場での人間関係や人との関係性について

取り上げたいとおもいます。

 

もし、同じような境遇の方がいたら、

少しでも、このメッセージが届いたらいいなと思う。

 

そう思って、筆を取りました。

 

新卒で日系の大手メーカーに就職

当時は、みんなから「天真爛漫だね」と言われるくらい、

素直で人当たりもよく、

みんなから愛されるかわいい新人ちゃんでした。

(←自分で言うか)

 

理系出身で、学生時代から男子ばかりに囲まれて過ごしてきたこともあり、

私の中で「性別」と言うのはあまり意識したことありませんでした。

 

就職して、最初の半年はよかった。

 

部署異動によって歯車が狂い出す

当時、新しくできた部門の立ち上げ要員が必要だと言うことで、

2年間の異動を命じられた。

後で聞いた話によると、なぜ私が選ばれたかというと、

「元気が良くて、人当たりもよく、ガッツがありそうだったから」

 

今思えば、私が取り柄としていたこの性格が仇となって、

以降の人生を大きく狂わせることになるなど思ってもいなかった。

 

ただ、当時は何も知らさせることはなく、

異動先が地元に近い地方だったこともあり、

土地に馴染みがある人が選出されたのだと思った。

(関東圏出身の社員が多かったので、私みたいな田舎者は少なかったのである)

 

異動先は、確かに田舎。

もともと別会社だったこともあり、99%は地元民で構成されていた。

でも、小さい時から引っ越し族だった私にとっては、異動自体抵抗もなく、

なんなら地元に近くて、方言も馴染みがあったから、親近感が沸いていた。

 

周りも、他所からきた人だという目で、

多少敵対心みたいなものも向けられたが、

私の持ち前の人当たりの良さで(←何度もいうが自分で言うな)

比較的すぐに職場の人とは打ち解けられた。

 

そして

年齢性別問わず、皆ととても仲良くなった(と思っていた)

 

新卒上がりで、まだ若干の学生気分が抜けてない私は、

職場の人とも、まるでお友達のような距離感で接していた(んだと思う)

 

慣れない仕事は辛かったけど、

それなりにメンタルは強い方だったから、

乗り越えられた。

 

仕事に行きたくない、って思うことは少なかったように思う。

 

なんなら仕事も楽しかったし。

 

少し容姿に恵まれていたのがよくなかった

ここで一つ。

大事なことを伝えていなかった。

その職場は男性が9割を占めていた。

 

私はマイノリティ側の人間で、

しかも、ちょっと容姿がよかったので、余計に目立っていたらしい。

 

仕事自体はチームで動く職場だった。

当時組んでいたのは10歳ほど離れた男性社員。

指導員的な立場でもあった。

とても面倒見が良くて、色々なことを教えてくれたし、

なんせ私のことをとてもよく理解してくれた。

 

私もその上司に対しては、

リスペクトする部分も抱いていたし、人間的にも好きだった。

 

そもそも、私がなんで人と仲良くできていたかって、

そもそも人間的にみんな好きだったからである。

そう言う人たちと何かを作ったりするのは、学生当時から大好きだった。

 

だから、職場でも、仕事がどんどん楽しくなって、

朝早くから、夜遅くまで職場にいるようにもなった。

 

それに合わせて上司も、同じ時間を過ごすようになった。

 

少し目立つ存在だったこともあり、

その上司と仲良く仕事をしているとどうしても目に入ってくると言うことだった。

(←別の社員に聞いた話)

 

しばらくすると、

異性の同僚Aから、

「上司ははりねずみのこと好きだよ」と言われるようになった。

(同僚と言うかんじでもないんだが、便宜上「同僚」とさせていただく)

 

そんなまさか。と思った。

こっちはそんなふうに接していないのに、

ましてや、上司で、相手はご結婚もされているのにそんなこと考えもしなかった。

 

また、しばらくすると、

上司から、

「同僚Aははりねずみのことが好きだよ」と言われるようになった。

 

これもまたよく分からない話だった。

だって、その人もご結婚されていたから。

 

こんなやりとりが、頻繁に起こるようになった。

 

「不倫してるって言われてるよ」

ある日、同僚A・同僚Bから

「上司とはりねずみは不倫してるって皆言ってるよ」

「距離感気をつけたほうがいいよ」

と言われた。

 

衝撃だった。

 

まさか自分の人生の中で「不倫」と言う文字が出てくるとも思ってなかった。

 

私はそんなふうに思われるのも、上司を巻き込むのも嫌だったので、

その日から距離をとるようにした。

 

すると、いつもと様子が違う上司から

「何かあった?」

と言われる。

 

「特になんでもありません」

 

そう言うやりとりが続く中、

指導員はおかしいと思ったのか他の社員C・Dに話を聞いたところ、

”同僚A・同僚Bが上司との中を勘繰っているらしい”

と言う情報を仕入れた模様。

 

※ここでアイスブレイク。

既に私以外の主要登場人物は上司を含めて5人。

私の社会人2年間はこの5人に翻弄されることになる。

そして、まだ小さい組織だったこともあり、

その組織を引っ張っているのもこの4人。

ご想像の通り、かなり面倒なことになった。

 

仕事がスムーズに行かなくなる

日に日に、この5人の仲がすこぶる悪くなっていった。

会話もしなくなってきた(笑)

いや、全く笑えないんだけどさ。

 

なので、何か日程調整をする際には必ず間に私が入るようにしないと回らなくなってきたし、双方の仕事の方針ですれ違いが発生すると、互いに他の社員にネガキャンネガティブキャンペーン:相手のことを悪く言いふらすこと)をするようになった。

 

なんとも幼稚な始末である。

 

ちょっと脳みそガキンチョすぎるよね。

 

なんでこんなことに巻き込まれないといけないのって思ってた。

 

でも、そんなこと言ってる暇もなく、

自体はどんどん悪化の一歩をだとっていく。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一旦ここまでにする。

なんか書いていてスッキリしたと同時に、

まだ、「ここまでしか書いてないんか」とちょっと呆れモードに入ってしまった(笑)

ここから先が本題なんだけどな・・・

また書く気が起きたらここに吐くことにする。

 

ただ、これを書こうとした私が何が言いたかったかというと、

こういう職場の男女関係に悩まされている女性がいたら、

もし違和感を感じていたら、

 

今すぐに逃げ出して欲しい

 

ということ。

ただそれだけです。

 

私は、このことをきっかけに、

その後の人生いろんなチャンスを逃してしまったから。

 

あなたにはそのような後悔を犯してほしくない。

 

 

朝6時に起きたら、10時までにやりたいことが一通り終えれてた

f:id:kuronek0v:20210416181308j:plain

こんにちは、はりねずみです。

最近早寝早起きを心がけているんですが、(←小学生か)

巷で言われているように、効果が素晴らしい。

ということに今更ながら気づきました。

 

「今日必ずやっておきたいこと」というのを寝る前に箇条書きしてるんですが、

このやりたいことリストが必ずと言っていいほど午前中に終わります。

なんなら10時には終わってしまいます。

(そもそものやりたいことが薄いんじゃないかというご指摘はご容赦いただきたい)

 

今日は起きてから、

  • ストレッチ
  • 英語の勉強
  • ブログ更新

をやったわけだけど、捗る捗る。

そして時間が余ったので、Youtubeを開いたら、

たまたま「【新】フェルミ漫画大学」がトップに出てきていて、ついついみてしまう。

www.youtube.com

 

そして、この出会いがまた私の朝を充実させてくれた。

この二つの動画をみて、ビビビーーーーと来たのである。

早速、

  • 朝日記
  • ゼロ秒思考

をトライ。

動画でも言っていたけれど、ほんと騙されたと思ってやってみるべきである。

とーーーっても頭がスッキリ。

なんでもできちゃう気してくるわけである。(めっちゃ単純)

www.youtube.com

www.youtube.com

 

なんか要約でも十分なんだけど、本読むのもありかもって思った。

まだ1日だけど、1日で効果あったから継続したい。

いや、継続する。

自分を変えたい。

頑張る。

 

 

Twitterのアイキャッチ画像が更新されない問題。の解決法

f:id:kuronek0v:20210412163127j:plainこんにちは、はりねずみです。

先日私のツイッターで、

ブログを投稿したのに、アイキャッチ画像が更新されてないやないか!

というツイートを投稿させていただきました。

ですが、本日無事その解決方法が分かりましたので、ご参考までにご紹介させていただきます。

(私自身の備忘としても記載させてください)

 

※決して自作自演ではございません

 

Twitter側に更新前のキャッシュが残っている問題

これが原因だったようです。

一度、ブログ記事を投稿すると、Twitter側にキャッシュが残るらしい。

それ故に、その後、ブログを更新して、再度Twitterにあげても、同じURLの記事は初回Twitter投稿時のログが優先されてアイキャッチ画像が更新されないようなのです。

それならキャッシュを消そうではないか!

方法は至って簡単でした。

まずはこちら↓をクリック

Twitter公式のDeveloper向けのサイトっぽい?

cards-dev.twitter.com/validator

該当ブログのURLを入力

「Card Validator」表記の下にある、「Card URL」部分に更新したブログのURLを貼ります。

f:id:kuronek0v:20210412163825p:plain

Preview ccard」をクリック

はい!

画面右にアイキャッチ画像が更新された、ブログ記事のブログカードが表示されればキャッシュクリア完了です!

簡単でした。

これってTwitter民にとっては当たり前のことなんですかね?

これまでTwitterとそこまで仲良くしてこなかったから、こんなことで四苦八苦してしまいました。

でも、無事解決方法を見つけることもできたし、めでたしめでたし。

一つまた大人になりました。

既読にもなっていないのにLINEを連続投稿してくる人

こんにちは、はりねずみです。

昨日に引き続き、お医者さんから処方してもらった薬を飲んだら、すごく朝の目覚めが良かったので今日は6:00から活動できております。

ちゃんと8時間寝る習慣をつけようと思って、昨日21:00にはお布団に入ったのも良かったかも。

今日はできるだけノンカフェインで過ごせるように頑張ろうと思う。

用事もないのにLINEを送る人の心理

そもそもこの心理が理解できない。

なぜなら私自身がそこまで積極的に人と関わりたいという感情がないから。

もちろん何か良い情報があって、それを共有したいとか、遊びにいく約束をしたいとか、何かしら目的があれば連絡する。

でも、連絡するからには、相手がそのメッセージを見て、返事をしたりしなきゃいけないわけで、相手の時間を奪ってしまうことになるから、内容や送るタイミングには気を遣う

そういう考えに対して、真逆なのが、「用事もないのにLINEを送る人」。

これは、正直、私にとってはストレスでしかない。

相手がどんなに良い人であっても、申し訳ないが、受け取るこちら側としてはかなり苦しいものがある。

どんな気持ちでメッセージを送っているのだろうか。

自分が相手の時間を奪ったり、相手の気分を害してしまっているのではないかという感情はないのだろうか。

ただ「私の話を聞いて〜♪」というかまってちゃん、というだけで済まされるのだろうか。

気付いたら50件くらい来ていることも。

これ、どう思いますか。

私、ちょっと怖いです(笑)

まぁ、50件のうち半分くらいは、写真だったりもする。今自分が食べているご飯だったり、自宅のペットの写真だったり。

でも、それって、私特に求めてないんだがw

そういうのって、個人宛に送るんじゃなくて、InstagramとかTwitterとか、Facebookであげればいいんじゃなかろうか。

なぜ、ダイレクトのLINE送ってくるんだ・・・

嫌と言えない自分も悪い。

私がはっきりと、困っていることを伝えられればそれでいいのかもしれないんだけど、相手の人にもお世話になっているし、根はいい人・・・だと思うし。。

って考えると、言いづらくて、この状況がずっと続いてる。

私も、自分のメンタルが自分でコントロールできている時であれば、上手く交わしたり、気にしないで過ごしたりできたんだけど、

なんせ最近は自分自身余裕がない中で、

このLINEまで対処しなければいけないというのが、、、

ごめんなさい。

辛いのです。

 

LINEやビジネスチャットにすぐ返信するのが苦手

f:id:kuronek0v:20210407100444j:plain

こんにちは、はりねずみです。

LINE やビジネスチャット、ツイッターのDMなど、すぐに返信するのが苦手です。

よく考えてみたらメールの返信も苦手かも。

よく「返事が遅い奴は仕事ができない」って言われますが、私もきっとその典型的なやつだと思ってます。

 

遅くなってしまう原因は何か考えてみました。

  • どのように書けば、相手が不快に感じないか
  • どのように書けば、相手に理解しやすい文章になるか
  • どのように書けば、誤解なく伝わるか
  • どのように書けば、端的に伝えられるか
  • そもそもなんと返事をすれば良いか(相手はどのような返事を求めているのか)
  • 長くチャットやメールが続かないで済むにはどうしたら良いか etc...

そんなことを考えてます。

今改めて、文字に起こしてみたけど、私ってそう考えてんのねーと逆に気付かされました(笑)

なんか第三者的にみると、すごく苦しいね。

一応、仕事のチャットなら、返信が苦手なりに即レスを心がけてる。

でもそれがとんでもなくストレスだったりする。

プライベートのラインはひどい。

とってもあっためて(時間をおいて)既読をつけて、返信する。

特にLINEでそういうことをする場合は、

  • 単純にその人と何度もやりとりしたくない(永遠に続くから時間がもったいない)
  • やりとりを続けないためになんて返そうか悩む

もしくは

  • 単純に、なんて反応したら良いか、頭にすぐ浮かばない

の2パターンかな。

これ、どうしたもんか。

そもそも、人と関わることが億劫な人間にとってはよくあることなのだろうか。

 

なんとなくだけど、このままだと永遠に「返事が遅い奴は仕事ができない」奴のまんまなのかな。

そういうの嫌だな。

早く自分に自信をつけたい。

早く手に職を持ちたい。

人と関わらないでも、自分のペースではまれる分野で食べていけるようになりたい。

 

ちなみに、先日投稿したWordPressでのブログ運営はなんとか毎日投稿続いてます。

甘くないのは重々承知だけど、ブログって、自分のペースでできるからいいよね。

それに文字を書いていると乱筆でも、頭の中がスッキリする感じも良い。